法學研究科
Graduate School of Law
  • 八王子キャンパス
法學研究科

法的思考を備え
人間に対する洞察力を持つ
法のプロフェッショナルを養成

法學研究科では、法律的知識や法律的なものの考え方更には人間に対する深い洞察力と理解力を身につけた専門的職業人や研究者を育成します。

トピックスTopics

専攻Major

法學研究科の特長Feature

教育目的と3つのポリシー

教育目的と3つのポリシー

各自の専門分野における、法的問題の処理につき、一段と高度な判斷力やリーガルマインドを修得することにより、研究者?法曹人はもとより、高度な法的処理能力?論理的思考力を備えた公務員や企業人等を養成することを目的とする。

詳しく見る

取得できる資格

取得できる資格

法學研究科で學ぶことによって、法學研究を一層深め、リーガルマインドを修得できるほか、下記の資格の取得もめざすことができます。

詳しく見る

進路狀況

進路狀況

法學研究科では、ケースメソッド(事例研究)を重ねていくための、実際の現場で通用するスキルとリーガルマインドの修得が可能です。ここで培った力を手に、多くの先輩が稅理士などの実務家や法律の専門家として、多くの企業に就職しています。

詳しく見る

研究科長からのメッセージ

価値観の多様化した現代社會において紛爭を法的に解決することは不可欠の要請です。そのためには、法律的知識はもとより法律的なものの考え方(リーガルマインド)が必要とされます。法律に攜わる者に求められるリーガルマインドとは、人と人との関係を最終的には法的な関係に置換しあるいは社會にたえず生起する紛爭を法的な権利と義務に帰著させて、是非善悪を判斷しこれによって適正妥當な解決を導き出すことのできる能力をいいます。そのためには、やはり、豊富な法律的知識と人間に対する深い洞察力が必要です。本研究科では、このような法律的知識や法律的なものの考え方、さらには人間に対する深い洞察力と理解力を身につけた専門的職業人や研究者を養成することが大學院法學研究科に課せられた使命であると考え、學界、法曹界、官界、経済界から學識と経験の豊かな先人を招き、判例を教材とするケースメソッドを中心に、個々の判例がになう社會的な役割や影響力を考えながら、法律とは無縁なものと思われがちな道徳や情理にも目を向けて、法律の基礎的知識から高度な専門的知識まで幅広い教育と指導を體系的に行い、社會に貢獻し得る人材の養成をめざしています。特に博士前期課程は、これを即戦力の人材を社會に橋渡しする活気に満ちた場にしたいと考えています。研究者を志す人たち、法曹を志望している人たち、公務員や稅理士になろうとしている人たち、企業法務に興味を持っている人たちなど、広く法律に関係した仕事に就いて社會に貢獻することを希望している人たちの力強い入學を待っています。

法學研究科長
北見 良嗣

    733漫画,733漫画在线观看,733漫画免费视频